失敗例を参考にして進めよう

>

失敗例を見てやり方を勉強する

気に入った物件を買った方が良い

これから不動産投資を始めるなら、200万円か300万円は用意しておきましょう。
すると気に入った物件があった時に、スムーズに購入できます。
きちんと目的を考えて、物件を探している人が多いと思います。
ですが目的を満たせる物件の価格が高いと、諦めてもっと安い物件を選択してしまう人がいます。
安い物件でも、方法が合っていれば入居者を次第に増やすことができます。

ですが時間がかかりますし、安い物件は管理が大変になるケースが多いです。
平均的な金額の物件を買った方が良いでしょう。
妥協しないで物件を買えば、入居者を増やせるので管理を続ければどんどん収入が増えます。
不動産投資を進める上で、物件は非常に重要なカギを握っています。

管理する費用が発生する

不動産を購入して、あとはずっと放置し続けることはしないでください。
管理しないと汚くなったり、壊れたりするので入居者が困ります。
壊れても修理してくれないアパートやマンションで、これからも暮らして行きたいと思う人はいません。
管理を怠ったことが原因で、不動産投資を失敗した人が見られます。
物件を管理する時にもお金が必要なので、管理費を別に用意しておくことをおすすめします。

また、早く壊れたり汚くなっていたりする部分に気づくことが重要です。
異変が起こって間もない段階だったら、安い費用で修理できます。
発見が遅れると悪化して、高額な費用が発生してしまいます。
なるべく費用を安く抑えるためには、定期的に点検しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る