失敗例を参考にして進めよう

>

管理が最も大変な部分と言われる

管理してくれる業者に任せよう

業者に任せると自分の負担減りますが、お金が発生します。
その分のお金が無駄だと思って、全部自分で管理しようと思っている人がいます。
全て自分で管理することを、一般管理と呼んでいます。
一般管理にすれば、収入を全部自分の物にできます。
しかし管理するのは、かなり大きな負担になると思ってください。

短い頻度で、物件に壊れている部分が無いか点検しないといけません。
副業で不動産投資をしている人もいるでしょう。
本業が忙しくなると、点検に行く暇が無くなると思います。
それでは壊れている部分や汚い部分がそのままになって、入居者に迷惑をかけます。
自分で点検に行けないと思ったら、手数料が掛かっても業者に依頼した方が利益を増やせます。

退去の時のメンテナンスもしてくれる

入居者がいなくなったら。部屋を丸ごとクリーニングする必要があります。
そのままの状態では汚いので、次の入居者に部屋を貸せません。
自分でクリーニングをするのは大変ですし、わざわざクリーニング専門の業者に依頼するとかなり高額なお金を請求されます。
入居者の入れ替わりが多いと、クリーニング代が高くなって赤字経営になってしまうでしょう。

物件を管理してくれる業者に最初から管理を任せていれば、クリーニングもしてくれます。
クリーニング専門の業者に任せた時に比べて、安い価格で済ませることができます。
手数料が発生するとだけ聞くと、依頼を控える人がいます。
しかしそれが失敗に繋がるので、目先の利益だけを考えないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る